イーモバイルの通信品質向上への取り組み

通信規格DC-HSDPAを導入して通信速度を高速化するなど、ポケットWiFiのユーザーが快適に利用できるように、イーモバイルが着々と通信品質の改良に取り組んでいます。

 

次にPocket Wi-Fi(ポケットWiFi)が年々使いやすくなっている理由について紹介します。

 

基地局の増設

イーモバイルではポケットWiFiのユーザーの評価を集めたり、定期的な電波調査に基づいて通信品質の改良に取り組んでます。Pocket WiFiのユーザーが集中するところでは基地局を増設しています。

 

回線増強

上り・下り速度があがらなくてイライラしたことはありませんか?!これを解消するため通信速度の高速化を進めており、既存の基地局のアクセス回線をさらに増強しています。こちらに通信速度の測定方法をまとめているのでご参考ください。

 

高速化効率化

通信規格DC-HSDPAの導入により、下り速度最大42Mbps(理論値ベース)にするとともに、通信トラフィックを分散することでポケットWiFiの効率的な利用を確保しています。

 

設備増強

市街地ではポケットWiFiのユーザーが増えて快適な通信ができないことがあります。このようなエリアは既存基地局の設備を増強しています。

 

バックボーン

年々ポケットWiFiのユーザーが増えることでトラフィックも増大しています。それらへ柔軟に対応できる信頼性の高いバックボーンを構築し、 これらの取り組みをささえる通信網の基盤となり、通信ネットワーク全体の最適化を推進しています。

 

 

イーモバイルの公式サイトにまとめられている内容を参考にさせていただきました。スマホやタブレットPCの普及にともないポケットWiFiのユーザーもさらに増えていくことから、高い通信品質を維持する施策を着実に実行されています。

 

もしポケットWiFiを検討されているようなら、大手プロバイダのBIGLOBEで多額のキャッシュバックがついてくるので、宜しければご参考ください。