どんなときに解約金が発生するのだろう?

イーモバイルLTEが発売されてから、ポケットWiFi人気が急上昇していきました。スマホとタブレットPCの普及につれて、本格的にイーモバイルLTEなどポケットWiFiの申し込みを検討される方が増えていくことでしょう。

 

ただ、そのときに気になるのが多額の解約金です。解約金は、違約金・契約解除料・退会金などとも呼ばれています。

 

 

一般的にポケットWiFiの契約期間は2年間となり、無料で解約をするためには自動更新月での手続きが必要とされるので、この面倒くさい条件が申し込みを検討されている方を不安にさせてしまいます。

 

しかし、ポケットWiFiの解約金について仕組みを知ってしまえば安心できるので、以下の説明は長文になりますが、じっくり読んでプロバイダとの契約時にお役立てください。

2年縛りについて

ほとんどのプロバイダが2年間契約になっており、それ未満で解約すると多額の解約金が発生します。
「詐欺だ!」なんて思わないでくださいね。これにはちゃんとした理由があるのです。

 

まずポケットWiFiを申し込みするときについてです。初期費用としては、登録事務手数料、データ端末代金、初月利用料があります。通常、データ端末代金だけでも数万円します。

 

もしあなたが契約されるときに、これら全てを負担しなければならないとなると、大きな抵抗を感じませんか?超お金持ちの人以外は、これらが嫌で仕方ないのも当然です。

 

 

この抵抗をなくすためにポケットWiFiのプロバイダが初期費用を一部、または全額負担してくれています。そうすることで申込者さんを増やすのです。

 

なぜなら、まずは申し込みをしていただかないと、ポケットWiFiの素晴らしさを分かっていただけないですし、なにしろプロバイダが儲かりません。この段階はプロバイダの初期投資になりますね。

 

 

では、このときに発生した大赤字をプロバイダはどのように解消して黒字転換するのでしょうか。

 

 

それが2年縛りなのです。これを設定しておくことで確実に初期投資したお金を回収できます。

 

2年間利用してもらえば、それだけの月額利用料金をもらえるわけですし、2年未満で解約されたときは、解約金で回収するのです。

忘れてしまいがちな自動更新について

ポケットWiFiの申し込み時、だいたい自動更新が盛り込まれています。プロバイダ側にとっては、美味しい仕組みですね。

 

先に説明した「2年縛り」が終了しても自動更新によって新たな縛りが発生します。

 

 

これを未然に防ぐには、2年縛りの終了月(=更新月)に解約するのが一般的です。つまり、その月での解約を逃してしまったら新たに2年縛りが継続されていくのです。

 

 

そして、もう一つ心配なのがサービスエリアについてです。これをしっかり調べておかないと、プロバイダとの契約後、ご自身の地域・エリアでポケットWiFiが利用できないという最悪の事態が発生するかもしれません。

 

 

これを防ぐ唯一の方法が、プロバイダとの契約前に利用予定エリア全てで徹底的にポケットWiFiの通信テストをしておくことになります。

 

カフェ・職場・レストランなど、モバイルPCやタブレット端末などでインターネットを利用するであろう場所をテストしまくるのです。

 

 

これを実施するためのサービスが、ポケットWiFi端末のお試しレンタルになります。続いて、一日単位からお好みのルータ端末をレンタルできるサービスについてご紹介します。

一日単位でポケットWiFiが利用できるサービスを活用する

イーモバイル社のポケットWiFiをはじめ、WiMAXやドコモXiを一日単位で利用できるサービスがあります。

 

具体的には、データ端末(※)と呼ばれる小さな機器をレンタルして、契約期間のみモバイル通信を使うものです。(※)データ端末はモバイルルーターや単にルーターなどとも呼ばれています。

 

今回であれば、利用予定エリアでポケットWiFiが利用できるか申し込み前に確認されるとき、通信テストに必要な期間のみデータ端末を借りることになります。

 

 

本契約後にポケットWiFiで通信できないことが判明したら、多額の解約金を支払うことになりますので、これを未然に防ぐために活用できるレンタルサービスです。

 

 

当サイトでは、国内最大のWEBショッピングモール楽天市場において、利用者数が多く評価の高い二つの会社を厳選させていただきました。

 

レンタル料もアフターサポートも申し分ないので、どちらで申し込まれても大丈夫ですが、時期によってはレンタル料に若干の差が生じるかもしれません。

 

ですので、両社を比較されれば確実に安くイーモバイルのポケットWiFiを借りることができますので、必要なときがきましたらご活用ください。

 

>> レンタルWiFi専門店 RTMモバル 楽天公式サイト

 

>> モバイルゲート 楽天公式サイト