ソフトバンク、au、ドコモが提供するケータイWiFiとは

スマートフォンやタブレットPCの普及にともないソフトバンク、au、ドコモがケータイWiFi(※)を強化しているように感じます。いつでもどこからでも気軽にインターネットを楽しめる環境がもとめられており、スマホに内蔵されている無線LAN機能を利用してケータイWiFiが提供されています。

 

最近では理論値ベースで下り速度が40Mbpsを超えるのが標準になってきており、ケータイWiFiも快適になってきました。どのようなサービスか以下に紹介していきます。

 

(※)Wi-Fiとは: 無線LANの一種で、Wi-Fiアライアンスのテストを通過して無線LAN機器間の相互接続性を認証された無線LANの名称。無線でインターネットを利用できる特定のエリアやその状況をWi-Fiと誤って使われている場合が多い。Wi-Fiアライアンスとは、通信規格IEEE 802.11に関する認証機関のこと。

ケータイWiFiの特徴

ワイヤレスなのに通信速度が速い

理論値ベースで40Mbps以上が標準になりつつあります。例えばソフトバンクの3Gが最大7.2Mbpsなので、ご自身の体感速度を基準にされるとケータイWiFiがいかに高速か想像しやすいです。

 

高い画質と音質

各キャリアが提供する既存の回線よりも快適なインターネットを楽しむことができます。

 

各キャリアのWi-Fiスポットが使える

キャリアによってはカフェなどの特定エリアでWi-Fiエリアを提供しています。ケータイWiFiに加入していれば、それらを自由に利用することができます。

 

 

メリットのある特徴ばかりを述べてきましたが、通信代金は安くないですし実際の通信品質も他のポケットWiFiと比較して劣ることもあるようです。使用環境も影響するので一概には言えませんが、通信品質の高さにこだわるのであればWiMAXなどの高速ポケットWiFiの方がおすすめです。