東証一部上場企業ならではのお得なイーモバイルLTE 2プラン

ついにポケットWiFiの最大下り速度が75Mbpsに達しました。モバイルインターネットを愛用されている方々ならこの速度の凄さを体感的に想像できるはずです。もちろんサービスエリア内での実速度は旧タイプより断然速く、ユーザーの満足度も大変高くなっています。

 

 

さらにAKBの板野さんがCMをされた影響が大きいようです。ライオンを引き連れて紹介されたのはインパクト大でした!高速ポケットWiFi(=イーモバイルLTE)の新規申込者さんが順調に伸びています。

 

 

今回紹介するGMOは、東証一部上場企業で潤沢な資金を保有することから、末永くユーザーさんに満足していただけるLTEサービスを継続されています。現時点でも、データ端末代金無料、月額最安値の3,860円(初月は無料!)で使い放題となっており、お申し込み後のアフターサービスも充実しています。

 

 

データ端末は2種類準備されており、スマホやタブレットPCなど複数の端末から同時接続できるルータータイプとパソコン1台に限定して、さらに通信スピードをあっぷさせたUSBスティックタイプの2種類が準備されています。

 

 

また、2年縛りが長いと感じられるかたのために1年間契約プランも準備されています。月額利用料金は高くなりますが、進化の著しいポケットWiFi通信ですので、最新端末をもとめられる方にはおすすめです。
(※)1年間プランは終了しました。

 

 

続いて初期費用から退会費用までを分かりやすい一覧表にしたのでご参考ください。

【GMOとくとくBB LTE】の料金一覧

初期費用(事務手数料含む) 3,150円
月額費用(プロバイダ料含む)

・EM75M LTE いちねんプラン: 4,160円(※終了しました)

・EM75M LTE にねんプラン: 3,860円

データカード端末費用 無料
回線工事費用 無料
契約解約金

EM75M LTE にねんプラン: 1か月目として12か月目まで38,400円(税込)、13か月目から24か月目まで24,000円(税込)、25ヶ月目以降は無料

 

上記のとくとくBBの契約解約金は、当サイトでおすすめしている第1位と第2位のプロバイダよりも高いのですが、全プロバイダと比較してみると標準です。24ヶ月以内に解約すると結構な金額となりますが、一度高速ポケットWiFiのイーモバイルLTEを利用すると快適すぎて、まず24ヶ月以内に解約することはないでしょう。

 

 

また、月額利用料は3,880円〜が多数を占めるなか、3,860円と限界を超えて安く設定されています。これは業界トップの安さです!

 

 

各プロバイダの初期費用〜解約金までの合計料金をつぶさに調べた結果、とくとくBBのイーモバイルLTEが業界最安クラスで大変お得です。東証一部に上場するGMOのプロバイダだからこそ、潤沢な資金を活かしてユーザーさんに最安値でLTEを提供できています。

 

 

“最安クラス”としたのは、超単発的に格安キャンペーンを実施するプロバイダが表れるからですが、もちろん、そんな無理は継続できていませんし、中小プロバイダのなかでは表舞台で見なくなったところさえあります。

 

 

契約したプロバイダが消滅してしまったら嫌ですよね。当サイトでは、安定して最安クラスのキャンペーンを展開し続けるプロバイダを推薦し続けているので、ご安心いただければ幸いです。

 

 

もしイーモバイルLTEを検討して、合計料金の安いプロバイダをお探しなら、とくとくBB イーモバイルLTEキャンペーンをお役立てください。

 

 

>>【GMOとくとくBB イーモバイルLTE の公式サイトはこちら】<<