そもそも、Wi-Fiカードとは

無線LANに接続することはWi-Fi環境を作り出すのと同じ様に考えられているので、Wi-Fiカードを無線LANカードと読んだりもしますが、本ページでは「WiFiカード」で統一いたします。(※)

 

今では無線LAN機能を内蔵したノートパソコンが一般的となりWiFiカードを目にすることが少なくなりました。この機能を有しないパソコンが無線LANへ接続するために使われるのがWiFiカードです。PCカードスロットに差し込んで機能を拡張します。

(※)WiFiの使われ方について;Wi-Fiが誤用されて無線LANと混同されていますが、そのまま一般的に使われるようになったので当サイトでも細かいことは気にせずに紹介していきます。ちなみにWi-FiとはIEEE 802.11機器に関する業界団体のWi-Fi Allianceによる相互接続性の認定の名称です。

購入前に確認すべきこと

自宅で使用するときにはカードとルータをセットで購入することになります。この際に確認すべきことは通信方式です。無線LANにはIEEE 802.11a/b/gなどの通信方式があります。ご使用になるパソコンの使用を確認して対応できる規格にあったWiFiカードを購入する必要があります。

 

最近は標準化が進んでおり注意する必要もなくなりつつありますが、ルータとカードをセットで購入するとき以外は常に確認した方が確実です。ここで違いが生じると互換性の問題が生じて全く機能しなくなってしまいます。

WiFiカードの規格の一例

無線LANの通信規格に準じてWiFiカードの規格が決められています。

規格 使用周波数帯 最大伝送速度
IEEE 802.11a 5.2GHz帯 54Mbps
IEEE 802.11b 2.4GHz帯 11Mbps
IEEE 802.11g 2.4GHz帯 54Mbps

 

日本で比較的普及殿高い無線LANはIEEE 802.11gでIEEE 802.11bに対する上位互換性をもっています。ルータとWiFiカードを購入するときは、パソコンがどれに準拠しているのか確認してから、それに対応したものを購入すれば大丈夫です。

購入するときはWiFiマークを確認する

wifiマーク

左のマークの有無で同じ規格を使用するルータとWiFiカードの値段に差がでます。一種のファッションブランドのようなものです。Wi-Fi AllianceのWECAが名づけたもので、各メーカーがこれに参加して互換性を保証する試験を実施しています。クリアした製品にWi-Fiマークが与えられます。

 

製品価格は高くなりますが、Wi-Fiマークがあることで無線通信を保証されているので安心であるともいえます。